奥飛騨温泉郷1 – 平湯温泉・新平湯温泉

Sponsored Link

奥飛騨温泉郷は長野県と岐阜県の県境から富山県方面に連なる北アルプス(飛騨山脈)の西側、穂高連峰(ほたかれんぽう・最高峰奥穂高岳[標高3,190m])、焼岳(やけだけ・標高2,455m)のふもと、岐阜県高山市の東部標高800m~1,250mに位置する温泉郷です。

奥飛騨温泉郷には「平湯温泉」「新平湯温泉」「福地温泉」「栃尾温泉」「新穂高温泉」があり全国の温泉湧出量ベスト3に入るほど湯量豊富、しかも、自然豊かで観光スポットも多く、山あいながら交通の便もいいため年間600万人もの観光客が訪れています。

奥飛騨温泉郷へは高山市から奥飛騨温泉郷の玄関口、「平湯温泉」へ国道158号線で1時間ほど、長野県側からは長野県松本市から国道158号線安房(あぼう)トンネルを経由して約1時間で到着します。

「平湯温泉」からは国道471号、県道475道などを利用して「新平湯温泉」「福地温泉」「栃尾温泉」「新穂高温泉」へ行くことができます。道路は多少山道がありますが、車幅は確保されていて運転は楽です。路線バスも高山・松本などから出ています。

また、富山県方面からも国道471号線または国道41号線を使って奥飛騨温泉郷へ行くことができます。路線バスも富山駅、富山空港から1日数本ですが出ています。

奥飛騨温泉郷の玄関口「平湯温泉」

秋の平湯温泉
(画像提供:奥飛騨温泉観光協会)

「平湯温泉」は奥飛騨温泉郷の玄関口です。標高は1,250mと奥飛騨温泉郷の中では最も高い位置にあります。

岐阜県側から上高地や乗鞍高原、安曇野、松本城などへ行く玄関口になっています。反対に長野県側からは高山や新穂高ロープウェイ、飛騨古川、白川郷・五箇山などの観光地への拠点ともなっています。

「平湯温泉」は奥飛騨温泉郷の中では最も古くから人々に使われていたといわれている温泉です。発見された年代ははっきりしませんが、江戸時代の享保(きょうほう)年間(1716年~1736年)に記された飛騨を紹介する書物『飛州志』の中に「平湯温泉」が登場しています。

源泉数は40。湯量豊富な「平湯温泉」

「平湯温泉」の源泉数は約40か所あり、湧出量は毎分8,600リットルにもなり非常に豊富です。泉質は含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉、単純温泉、ナトリウム-カルシウム-炭酸水素塩・塩化物泉、カルシウム-ナトリウム-マグネシウム-炭酸水素塩・塩化物泉など、各源泉で少しずつ異なっています。源泉温度も20℃代のものから90℃以上とさまざまです。

宿泊施設はこぢんまりした民宿から100人以上宿泊が可能な大規模旅館、全室露天風呂付き客室の高級旅館まで20軒ほどあり、バラエティに富んでいます。各施設が使用している源泉は異なっていますが、そのほとんどが源泉かけ流しです。使用している源泉や効能などは、各施設のホームページなどで確認してください。また、「平湯の湯」「ひらゆの森」「足湯公園」などの日帰り温泉施設、足湯も充実しています。

平湯温泉

問い合わせ先:平湯温泉観光協会 平湯温泉旅館協同組合

電話番号:05878-89-3030

URL:http://hirayuonsen.or.jp/

平湯温泉発祥の温泉「神の湯」

神の湯の画像
神の湯

「神の湯」は、「平湯温泉」市街地から少し山あいに入った周りを木々に囲まれた中に、男女別の屋根付きの岩風呂や貸切風呂、食堂などがあります。温泉の色は少し茶褐色のにごり湯です。「平湯温泉」発祥の温泉といわれています。

神の湯

泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

休業中(2021年2月現在)

問い合わせ先:平湯温泉観光協会 平湯温泉旅館協同組合

電話番号:0578-89-3030

URL:https://www.okuhida.or.jp/

『平湯民俗館』に併設された「平湯の湯」

秋の平野の湯
(画像提供:奥飛騨温泉観光協会)

「平湯の湯」は、『平湯民俗館』(別項参照)に併設された日帰り温泉施設です。露天岩風呂だけのシンプルな造りで、温泉は単純温泉ながら茶褐色に濁っています。料金は寸志(300円以上)です。隣に足湯もあります。

平湯の湯

泉質:単純温泉

電話番号:0578-89-3339

入浴料:寸志(300円以上)

営業時間:6:00~21:00(冬季/8:00~21:00)

休業日:無休

「平湯民俗館」は入館無料

URL:https://www.okuhida.or.jp/

日帰り温泉が楽しめる複合温泉施設「ひらゆの森」

冬のひらゆの森
(画像提供:奥飛騨温泉観光協会)

「ひらゆの森」は露天風呂だけで女湯が9つ、男湯7に加え、男女別の内湯、貸切風呂に、レストラン、宿泊施設が併設された複合温泉施設です。しかも600円で貸切風呂以外の温泉を堪能できます。泉質はカルシウム-ナトリウム-マグネシウム-炭酸水素塩・塩化物泉などで、乳白色や茶褐色のにごり湯です。

宿泊料金も1泊2食付きで1人8800円(消費税・入湯税別)からと大変リーズナブルです。

ひらゆの森

泉質:カルシウム-ナトリウム-マグネシウム-炭酸水素塩・塩化物泉など

電話番号:0578-89-3338

入浴料:おとな 600円、こども 400円(3歳~小学6年生まで)

営業時間:10:00~21:00(最終受付20:30)

休業日:無休

URL:http://hirayunomori.co.jp/

バスを待つ間に「平湯温泉足湯」

平湯温泉足湯の画像
(画像提供:奥飛騨温泉観光協会)

「平湯温泉足湯」は、平湯温泉バスターミナルから3分ほどのところにあり、バスを待つ間に便利です。

平湯温泉足湯

開設時間:11:00~翌10:00頃(10:00から11:00頃は清掃時間・利用不可)

料金:無料

定休日:無休

「平湯温泉」で観光スポットを散策

「平湯温泉」の魅力は「平湯民俗館」「平湯大滝」などの散策スポットにも恵まれていることが挙げられます。

合掌造りの民家のなどを移築した「平湯民俗館」

平湯民俗館
平湯民俗館

「平湯民俗館」は、富山県利賀(とが)村(現南砺市利賀村)から移築した合掌造りの民家『旧高桑家』や高山市の山間部、上宝町(かみたからちょう)から移築した『旧豊坂家』(高山市文化財)、円空仏(えんくうぶつ)が展示されている『薬師堂仏殿』などがある展示施設です。敷地内に「平湯の湯」(別掲)や足湯、食事処があります。

平湯民俗館

電話番号:0578-89-3339

開館時間:8:00~17:00

※食事処禄次/11:00~24:00(ラストオーダー23:00)GW・夏休み・お盆休み等の繁忙期は6:30~

定休日:木曜日※繁忙期は無休

入館料:無料

URL:http://hirayunomori.co.jp/

ライトアップされた冬がおすすめ、「平湯大滝」

平湯大滝結氷まつり
(画像提供:奥飛騨温泉観光協会)

「平湯大滝」は落差64m、幅6mの滝で、『日本の滝100選』に選ばれている名瀑です。冬季には凍結した滝がライトアップされます。

平湯大滝

アクセス:平湯温泉街より車で約5分、徒歩で約25分。平湯キャンプ場経由の散策路で約40分

国道の両側に宿が建ち並ぶ「新平湯温泉」

「新平湯温泉」は「平湯温泉」から「栃尾温泉」「新穂高温泉」方面向かう国道471号線(奥飛騨湯の花街道)沿いに25軒ほどの旅館・民宿などが並ぶ、奥飛騨温泉郷で最も宿泊施設が多い温泉です。比較的小さな宿が多いのですが、『奥飛騨ガーデンホテル焼岳』は客室数374室を誇る奥飛騨温泉郷最大のホテルとなっています。

源泉は温泉組合が管理するものや各施設の自家源泉など40か所近くあり、豊富な湯量が自慢です。泉質は単純温泉が多いのですが、ナトリウム-炭酸水素塩泉やナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉などもあります。各宿泊施設の泉質、効能等は、各施設のホームページなどで確かめてください。

新平湯温泉 いで湯まつり(寶太鼓)
(画像提供:奥飛騨温泉観光協会)

新平湯温泉

問い合わせ:奥飛騨温泉郷観光協会

電話番号:0578-89-2614

URL:https://shinhirayuonsen.com/

奥飛騨唯一の楽しいテーマパーク「奥飛騨 クマ牧場」

奥飛騨クマ牧場
(画像提供:奥飛騨温泉観光協会)

「奥飛騨 クマ牧場」は、「平湯温泉」から「新平湯温泉」へ向かう国道471号線(奥飛騨湯の花街道)で約5分、「新平湯温泉」入口近くに位置する熊のテーマパークです。100頭あまりのツキノワグマが生活し、冬眠しないのでおやつやり体験やコグマとの写真撮影など一年中楽しめます。

奥飛騨 クマ牧場

住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ヶ根2535-309

電話番号:0578-89-2761

入場時間:8:00~17:00(冬季は16:30まで)

定休日:無休

入場料:おとな 1100円、こども 600円

URL:https://kumabokujyo.com/

脚注1:安房(あぼう)トンネル(安房峠道路)

安房峠道路(延長 5,600m・有料道路)は、松本市を起点に高山市、白鳥町を経て福井市に至る一般国道158 号中部縦貫自動車道(延長 160km)の一区間と位置付けられています。長野県から国道 158号線を西へ進むと焼岳近くの上高地入口手前で安房峠に上る旧道から分かれ、安房トンネルで県境を越え、湯ノ平トンネルを経て岐阜県の平湯温泉で再び国道 158 号線に接続します。

道路構造の最大の特徴は延長 5,600mの大部分が同自動車道最大の難所とされる安房峠(標高1,790m)の直下に設置された延長 4,370mの安房トンネル(標高 1,373m)で占められている点で、本トンネルは焼岳火山群中の活火山であるアカンダナ山南側の高温帯を通過しています。安房トンネルの建設工事はこの高熱帯の中での作業であるだけでなく、大量の湧水が発生するなど大変困難を極めた難工事でした。

旧道は 11 月中旬~5 月中旬の間、積雪により冬季通行不能であったり、降雨により通行が規制されていましたが、安房峠道路の開通で通年通行が確保され、所要時間は 30 分から 5 分に、距離も 15.6kmから 5.6kmに短縮されました。

安房峠道路開通後の1年間では、岐阜県飛騨地域と長野県安房トンネル周辺を訪れた観光客が約 185 万人増加しています。(出典:(株)東海総合研究所調べ)

参照:安房峠道路の概要 NEXCO中日本

https://www.c-nexco.co.jp/images/news_old/2938/0ebc7030c3578cfc07075b59afa2c4f6.pdf


脚注2:飛州志(ひしゅうし)

享保(きょうほう)年間(1716年~1736年)に、将軍徳川吉宗(とくがわよしむね)の命令で、当時、幕府直轄地(天領[てんりょう」)だった飛騨の代官だった長谷川忠崇(はせがわただたか)が著した、飛騨を紹介する書物『飛州志』に「平湯温泉」が登場しています。

参考:飛州志 国立図書館オンライン

飛騨叢書. 1 飛州志(長谷川忠崇) - 国立国会図書館デジタルコレクション
国立国会図書館デジタルコレクションは、国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスです。

脚注3:円空仏

円空は江戸時代の僧侶で、全国を旅しながら素朴で微笑む仏像を彫り続けました。岐阜県に生まれ、晩年は出生地である岐阜県関市で没しています。

旅の始まりであり終わりの地である岐阜県内には円空ゆかりの史跡や逸話が多く残され、

現在確認されている円空仏約5,000体のうち、1,300体以上が岐阜県内で守り伝えられてきたものです。

参照:ぎふの旅ガイド 円空~微笑みに出会う旅~

円空 微笑みに出会う旅|ぎふの旅ガイド
12万体の仏像を彫った旅する修行僧・円空。岐阜県には円空ゆかりの史跡が多く存在し、逸話もたくさん残っています。円空の魅力に触れる旅に出かけてみませんか?

Information

Access[公共交通機関]
JR高山本線高山駅から奥飛騨温泉郷方面行き路線バス、長野新幹線・JR中央本線松本駅または松本電鉄新島々駅から奥飛騨温泉郷方面行きから路線バス、北陸新幹線・JR北陸本線富山駅、富山空港から奥飛騨温泉郷行き路線バスまたは東京・名古屋・大阪京都・松本、金沢富山方面から高速バス

[車]
中部縦貫道高山ICから国道158号線で約60分または長野自動車道松本ICから国道158号線・安房トンネル経由約60分で平湯温泉、北陸自動車道路富山ICから国道41号線、国道471号線経由約90分で栃尾温泉
Map